「社会で活躍する子」を育てる幼児教育を楽しく研究&実践中♪

ママは子育てが楽しく楽に、子どもは元気で明るく賢い子に(^^)育児は、知識があるともっともっと楽しくなる!私の日々の実践と研究の結果をお伝えします★

我が家の子育て ~捨てたこと・やってること~

こんにちは~!「理論だけじゃなくて、あみ家は、子育てどうしてるの?」って 聞いてくれたので、全然大したものじゃないけど、うちの子育てについて書きます★

 

我が家は、夫婦揃って起業しているっている状況をはじめとして、もしかしたらあんまり一般的ではないかもしれないので、参考程度に見てもらえると嬉しいです!
あと、子どもが一人っ子だからできる点も色々あると思うので、その辺は鑑みてくださいね!

f:id:Ami-cheerplus:20151215234343j:plain


アジェンダ

  1. 子どもは私の一番の宝です

  2. 生まれてからの一年間

  3. やることを絞りました

  4. その結果


1.子どもは私の一番の宝です

私は、子どもが生まれる前、子どもが生まれてくるのが楽しみすぎて、「できるだけ勉強しておこう」と思って育児関連の本をたくさん読みました。


本は、最初は、「おむつの変え方・病気」、「生まれたら何が大変なのか」みたいなHow to系の本を読んでいたのですが、だんだん物足りなくなって、「科学的にエビデンスのある、いい子育てって何だろう?これだけ子どもがいれば、だれか調べてるでしょ」と思って、今のブログのインプットになっている発達・脳科学・教育経済学・モンテッソーリなどの本を読み始めました。
私にとっては目からウロコだったし、元々オタク気質なので、どんどん調べたくなって、たくさん読みました。楽しかったです★

子どもの能力は、親や周りの環境で大きく変わること、どの本にもたくさん書いてありました。
そしてそのために「一番大事なのは、親がたくさん愛をもって子どもに笑いかけられる状況にあること」
そのメッセージは、しかと受け取って無事に出産しました。

私たちは、夫婦ともに、子どものことが大好きで、かわいくて仕方ないと思っています。
毎日大好き・本当にかわいいね・すごいねって、たぶん100回言ってるし、子どもにとってはちゅーとぎゅーの嵐。
できることは何でもやってあげたい。ごはんも体にいいものを食べさせてあげたい。

そして、子どもの能力が環境で変わるなら、一番いい環境を用意してあげたい。

 

そう、「たくさん笑いかけてあげよう!」って二人で話しました。

f:id:Ami-cheerplus:20151215234434j:plain


2.生まれてからの一年間

子どもが大好きでかわいくて仕方ない!

でも、仕事も生きがいだし、大好きだし、頑張りたいって思ってる口です。
そのバランスを取るべく、この1年間は試行錯誤しました。
議論という名のケンカもどきもたくさんしました。
私が悶々としすぎて、たたみかけるように旦那さんに文句を言ったこともありました。

「たくさん愛をもって子どもに笑いかける」
と決めていたので、子どもに怒ったり腹が立ったことは一度もなく、子どもには常に笑顔で接していたのですが、問題があると怒りの矛先は旦那さんに向いていました。(ごめんね。)


「親が、たくさん愛をもって子どもに笑いかけられる状況を作る」

これが、どんな状況なのかを二人で話し合って、(たまにケンカして)、探してきた一年だったな、と思います。

「相手と一緒にいる前提を崩さずに、問題を解決する方法を前向きに探す」ことの大切さを知りました。

今は、紆余曲折を経て、お互い(たぶん)家庭とそのほかの時間バランスについては納得がいっているんじゃないかな、と思います。
これからも、バランスを崩すことはたくさんあると思うけど、そのたびにちゃんと話して、そのときにベストなバランスをとっていけるように頑張るんだろうな、と思います。
私は、子どもが生まれてから、今までぶつかったことのない悩みがたくさんあって戸惑ったけど、パートナーとはなして解決方法を一緒に探せたことで楽になりました。

悶々としているときが一番苦しいかったので、私は、まずは旦那様に相談してみるのがいいかな、と思います。私は、子育ては二人三脚・一人ではできないと、この一年で実感したから。

3.バランスをとるために、やることを絞りました

私は器用に色々できるタイプではないので、自分の人生の中でやることを絞りました。

始めは、会社員勤めをしながら、ひっそり起業をしようかとも思いましたが、不器用な私には無理だと思って廃案にしました。

「人生で大切なことはこれだ!それ以外のことは優先順位を下げよう」と決めたら、心と時間に余裕ができた気がします。

あと、退路を断ち、やるしかないので、覚悟も決まりました。
このやり方は、やることが多すぎるママさんにとって、私の経験上はおすすめです!


<私がやめたこと>

  1. 子育てについて悩むこと
  2. 大事なこと以外に時間を使うこと


1は、一年間子育てをして、「夜寝ない。泣き続ける」とか、「XXができない。」とか、数日・長くて数か月で解決するもんだということを知りました。

  • うちの子は、1か月目まで、隣で大きな音がしても反応しなかったので「もしや耳に障害が?」と焦りましたが、あるときから急に音が聞こえるとびくっとするようになりました。
  • 4か月目くらいまでは寝かしつけが何時間もかかって心折れそうでしたが、ずっとやってると、8時にころっと寝るようになりました。
  • 離乳食も最初は全然食べませんでしたが、今は泣いて「もっとくれ~」というようになりました。
  • 食事のときに椅子に座りませんでしたが、「ごはんのときは座ろう。座らないとごはんあげないよ~。ママも座るわ。」って言ってたら、「うん」と言って座るようになりました。

f:id:Ami-cheerplus:20151213160312j:plain


「子どもとは、教えてあげたり、やり続ければいつかわからないけど応えてくれる」
そう思うようになって、多少長期化する問題はあっても、今は「あー、いつまでたってもできない。」っていう悩みはなくなりました。

「2,大事なこと以外に時間を使うこと」

私にとっては、家族・子どもに心に余裕をもって向き合うのと、意義があると自分が思える仕事をするのが人生の最優先事項です★

それを貫くのは簡単ではないので、優先順位の低いことをやらなくなりました。

  • テレビはほぼ全く見ないし、ネットサーフィンも最小限にしているつもりです。
  • また、通勤時間を最小にしたく、家賃は高いけど時間を買うつもりで、ド都心に引っ越しました。
  • 家事の分担・効率化についても、旦那さんと話し合ってやりました!
  • そして例えば、平日の部屋があまりきれいでなくても、それは妥協するなど妥協点を決めました。
  • あと、あまり個人的な遊びに行かなくなりました。(服を買ったり、カフェ巡りしたり。。的なやつです。)


それで効率化した時間で、好きなことができているので、幸せです。
(でも、旦那さんからはおしゃれは優先順位をあげてほしいとクレームが来てます。ハハ、頑張ります(笑))

 


3.その結果

 

お互いが大事にしていることをよくわかっていて、納得感のある役割分担になっているので、家庭がより温かくなったかな、と思います★

みんな家で笑顔でいることが多いし、私も家族といるとほっとします!

娘は保育園に通っているのですが、旦那さんが見送り、できるときは迎えも行って、家族で18時~20時までごはんを食べたり遊んだり。
20時になったら、旦那さんは会社に戻って深夜に帰宅、という生活をしています。
旦那さんの会社の方の理解のおかげで、娘にとってもいい環境ができているな、恵まれているな、と思っています。


私の家族は、一事例なので、どこまで参考になるかわからないし、
幸せの形ってそれぞれだと思うので、「ふーん」くらいで読んでもらえると嬉しいです。
長いブログを最後まで読んでくれてありがとうございました!

f:id:Ami-cheerplus:20151214153143j:plain